About the electronic version
Tsunemasa
Zeami

Creation of machine-readable version: Sachie Noguchi, University of Pittsburgh
Creation of digital images:
Conversion to TEI.2-conformant markup: Japanese Text Initiative
University of Virginia Library.
Charlottesville, Va.

ZeaTsun

Publicly-accessible

URL: http://etext.lib.virginia.edu/japanese/


1997

Japanese Text Initiative

Produced by the Japanese Text Initiative at the University of Virginia and the University of Pittsburgh.
About the print version
Tsunemasa
Yokyoku hyoshaku, volume 4
Zeami
Editor Tateki Owada


Hakubunkan
Tokyo
1907-1908
Prシテint copy consulted: OCLC # 15420640

Prepared for the University of Virginia Library Electronic Text Center.


Revisions to the electronic version
September 1997 corrector Catherine Tousignant, Electronic Text Center
Added TEI header; corrected various tagging errors.

etextcenter@virginia.edu. Commercial use prohibited; all usage governed by our Conditions of Use: http://etext.lib.virginia.edu/conditions.html

經政

世阿彌



但馬守經政は琵琶の上手なりしかば。仁和寺の守覺法親王より青山 と云う名器を賜 は りて。秘蔵したりしが。壽永二年都落の時。一先之を返上し置きて遂に 討死せり。され ば之を靈前に手向けて佛事を爲し。佛事に引かれ來て懷舊を催す事を作 れり。


ワキ
僧都行慶
シテ
平經政

地は

季は





ワキ詞
仁和寺御室す。僧都行慶 にて平家一門 但馬守經政は。いまだ 童形より。 君御寵愛なのめならずるに今度西海合戰たれ給ひ又青山 御琵 琶は。經政存生よりれて彼御琵琶佛前に すゑき。管絃講 にて弔ひせとの御事にて候ふに。役者





サシ
にや一樹宿り。一河 れをも。これ他生ぞかし。 ましてや多年御値遇恵を深 くかけまくも。なくも 宮中にて。法事を なしてもすがら。經政成等正覺と。 弔ひ給ふ 有難さよ。






「ことに彼青山云 ふ琵琶を。彼青山と云ふ琵琶を。亡者めに手向けつつ。じく 糸竹の。佛事をなし添へ て。日々夜々法の門貴賎しや。貴賎 の道も普しや。





シテサシ
枯木けば晴天平沙 らせばの。起居からで。 えつ るなが ら る。妄執こそつたなけれ。





ワキ
不思議 やな 深 更になる ままに。かすかなる。人影 の。るかきかに 給ふ は。如何なるにてましますぞ。





シテ詞
 「經政幽靈 なるが。 御弔ひの有難 さに。まで顯は りたり。





ワキ
 「そも經政幽靈と、ふ るんと すれば。えとも なくて。





シテ
  「はかすか につ て。





ワキ
 「しくえつる人 影の。





シテ
るかと れば。





ワキ
 「えもせで。





シテ
 「るか。





ワキ
 「きか に。





シテ
 「か げろふ の。






の。なきとて 經政の。常なき身とて經政の。も との浮世て。それとは のれども其主の。えぬ妄執の。をこ そつれどもを。にや呉竹の。水 はかはる とも。かざりしりたり。夢幻りたり。





ワキ詞
 「不思議 やな經政幽靈 かたちはつて。なほ も言葉をかはしけるぞや。よし なりともなり とも。法事功 力成就して。亡者言葉をかはす よ。あら 不思議やな。





シテ詞
 「若年より り。世上をさらすも。御恩徳なり。にも手向さるる。青山 御琵琶 娑婆にての御許されを り。手馴れしつのに。






かるる心故きしに たる撥音の。しく。 妙音誓ひなるべし。さ れば經政 は。され ば彼經政は。いまだ若年より。には 仁義禮智信の。 五常りつつ。には又花鳥風月 詩歌管弦とし。春秋松陰の。露水あはれ世の。 にもるるもなし。





シテ詞
 「亡者めには よりも。娑婆にて手 馴れし青山琵琶おのおの楽器調へて。糸竹 手向をすすむれば。





シテ詞
 「亡者ちよりに。 にはえぬながら。手向琵琶調 ぶれ ば。





ワキ
 「しも 夜半樂りを ますをりふしに。





シテ
 「不 思議れたる かきり。りくる





ワキ
 「しきりに草木 拂ひつつ。調子 如何ならん。





シテ
 「いやに てはなかりけり。あれ御覧ぜよ の。






 「の。葉 風ち て。村雨くにおとづれたり。おもしろやから なりけり。大絃曹々として村雨し。さて小 絃切々として。私語なら ず。





クセ
第 一第二は、索々 としてつて疎韻つ。第三第四は。冷々とし て の。つてく。して。 夜遊 れとどめよ。





シテ
 「一 聲鳳管は。





シテ地
 「秋秦嶺か せば。鳳凰にめでて。桐竹りて。 ねて 舞遊べば。律呂 聲々に。心聲す。 あやをなすも。衣笠山かりき。おもしろの 夜遊や。あらおもしろの夜遊 や。





シテ詞
「あらめし やたまたま閻浮夜 遊り。をのぶるをりふしに。又瞋恚 めしや。





ワキ
「さきにえ つる人影の。なほ顯 はるるは經政か。





シテ
「あらかし や我姿。はや人々 えけるぞや。あの 給へとよ。






けては。燈を背けては。あはれむ深夜をも。るや帝 釋修羅ひはらして。瞋恚 猛火となつて。にかかれ ば。拂ふまし。 る。紅波はかへ つて猛火となれば。 苦患はづかしや。にはえじを。あのさんとて。其身 愚人夏さんとりて。して。 まぎれより。魄 靈せにけり。魄靈せにけ り。